ユキミルの不安を解消し隊!

グルメやゲーム何でも感想・レビュー&日常話を発信中!
ユキミルの不安を解消し隊! TOP  > 

おはぎを家で作って食べた感想♪

ユキミルです。


おはぎってスーパーでも売っているんですが、我が家では稀に作ります。


本格的に最初から作るわけではないので、あくまでも家で作る味にはなってしまいますが……


でもこういうのって、完成するまで大変だけど出来たら嬉しかったりしますヾ(・∀・)ノ


そういうわけで、おはぎを家で作って食べた感想です!


あんこは『コレ』を使いました


おはぎは、つぶあんこしあんの両方を作りたかったので2種類購入しました。


画像の商品はkanpy(カンピー)のつぶあんこしあんです。


500g入っているので、持つと少し重たいです。


ohagi1-1

後はもち米の準備をして、包むだけの作業になりますヨ( ̄^ ̄)ゞ


調理します!


もち米にを少し入れて、ホカホカにしたので潰します。


↓の画像は『混ぜるわよ!!』と勢いよく作業中の母親(^∇^)ノ


ohagi-2

その後、私が交代して作業しました。


熱いので、ヤケドには気をつけましょう!


潰したもち米は丸めます。


ちなみに2種類作るので、分かりやすく皿は別々にしました。それぞれ8個ずつの計16個です。


画像はありませんが、あんこも同じ数で丸めておきました。


ohagi-3

そんでもって、形が歪んでいるのはほぼ私です_(:□ 」∠)_


母の方がテキパキと綺麗な丸を作っていましたね。


後はあんこで包むだけなんですが、表面が綺麗に出来ても真裏にもち米が見えたりします○| ̄|_


これでも初めて作ったおはぎよりかは、上手になっているはずなんですけどね。゚(゚´Д`゚)゚。


完成です♪


合計16個、完成しました!


大小とサイズがまちまちですが、これでOKということで(。-_-。)


左がこしあん・右がつぶあんです。


ohagi-4

味はほどよく甘くて、満腹になれました~o(^▽^)o


ちなみに私はこしあんが好きです。


まとめ


形や味を取るなら、専門店で購入した方が良いと思います。


でも、作る工程を「なるほど、これはこう作るんだ!」と普段の食生活では分からない体験が出来ますよ。


時間は掛かってしまいますが、親子や家族で作ればワイワイと楽しい一時になると思います。


我が家で作ったのは甘すぎないけど、食べやすい味でした(*^_^*)


ごちそうさまでした♪



ネット通販でもあんこは買えます(^-^)



かんぴい 甘味庵 つぶあん(500g)【カンピー】



かんぴい 甘味庵 こしあん(500g)【カンピー】
日々の出来事 グルメ |

ナチュレ 恵 megumiのチアシードを食べた感想!!

ユキミルです。


朝食の時、ヨーグルトを食べています。


それであまりみかけないチアシード入りのヨーグルトを見つけたので、食べてみました!


ちなみにこちらの商品は、ナチュレ 恵 megumiのアロエ+チアシードなんですけど、アロエは家族が食べたので『チアシードのみの感想』となります( ̄^ ̄)ゞ


パッケージ


アセロラミックスということで、チアシード以外にも果汁で果物が入っています。


パッケージだけで見ると「酸味が強いのかな?」って思いましたね。


アセロラってあまり食べないもんですから、ついイメージが……_(:□ 」∠)_


yo-guru1

それとこちらの商品は2月28日に発売された新たな味です。どうりで店内で見かけなかったわけですね。


あと、発売エリアが北海道・東北・関東・中部・関西ですから全国ではないです。


中身


薄いピンク色のヨーグルトです。


黒い点々で浮かんでいるのがチアシードですね。


yo-guru2

それからカロリーは43kcal


ワオッ、ヘルシ~ヽ(´∀`)ノ


食べてみた


凄く爽やかとは言いにくいですけど『酸味があって爽やか』です。


それとチアシードですが、ぷちぷちと連続ではなくて「プチッ」と少しだけ食感があると私は感じました。


yo-guru3

味は『朝に食べたくなるスッキリタイプのヨーグルト』シャキッ(^-^)と出来る美味しいヨーグルトですよ。


※個人的な感想です。


まとめ


それほど甘くはないので、甘いのが好きな人よりかは酸っぱいのや爽やかな味が好きな人向けです。


さらにチアシードの独特な食感についてですが、これを食べられるor食べられないで分かれると感じました。


こういう食感が苦手と聞いたことがありますので、悩んでいる人は参考にして下さい。


でも、普段の味に飽きた他の味も食べたいという人にはきっと楽しめる味だと思いますよ(^∇^)


ごちそうさまでした♪



プレーンヨーグルト味もあります。



日々の出来事 グルメ |

ソントンのファミリーカップ メープルスイートジャムを食べた感想!

ユキミルです。


我が家ではソントンのジャムを食パンにつけるのが習慣になっています。


それで、メープル味が出ていたので買ってみました♪


パッケージ


こちらのソントンのメープルスイートは、2017年3月1日に発売された新しい味です。


実際、今までこのようなパッケージを見たことが無かったのでソントンのHPをみて確認しました。


こういうのって、私はだいたいお店で知るんですよね。新商品のことや季節限定とか……(。-_-。)


それで、画像を見て分かりますが『カナダ産メープルシロップ使用』という文字を見ているだけでも甘いイメージを連想させてくれますね。


さらに葉っぱと色の使い方に注目。メープルらしさが出る茶色オレンジを使用していますよ。


me-pu1

こういうのは、形から入るのも大事ですよね。やっぱり!


ちなみに紙パックなので、瓶の様に落ちても割れませんよ。


中身


こうやって見ると濃い茶色です。


内容量は135gで、全国で発売しています。


me-pu2

未開封のジャムってゼリーみたいですよね。


これを崩すのがもったいないと思いつつ、食べるのが私です:(´◦ω◦`):


綺麗な色です


ヘラでメープルを取りました。


薄い茶色で、透明感があります。


me-pu3

見ているだけで美味しそうですね♪


それとこちらのジャムは普通のメープルシロップと違って垂れません。


ジャムタイプになっている為、滅多に落ちないので安心(^-^)/


食パンに塗ります


今回は、初めて食べるので焼いていない食パンに塗りましたよ。


そして色の違いが分かるように半分に分けました。


me-pu4

色はやはり、薄い茶色でしたね。


さらに塗っている間、あまーい香りが!!


食べてみるとメープルの甘い味が口の中に広がって、美味しかったです(*^_^*)


まとめ


甘いメープルなので、甘いのが好きな人にはピッタリです。


だからサッパリ系ではないので、そこで好みが分かれると思います。


しかし、食パンにつけて美味しかったのでレシピの幅は広いと感じました。スイーツとかに使えそうです♪


デリシャスな時間を過ごせました(っ*^ ∇^*c)


ごちそうさまでした♪



チョコレート味もあります!


日々の出来事 グルメ |

シマダヤのホット!「流水麺」あんかけ醤油ラーメンを食べた感想♪

ユキミルです。


カップの流水麺を食べたことがなかったので、実際に食べてみた感想です!


実はお店で見かけてすぐにカゴに入れた商品で、それぐらい楽しみでワクワクしていました( ̄^ ̄)ゞ


パッケージ


ホットなので、普段見かける流水麺より暖色系を使用されていると思いました。


さらにうどんやそばではなく、ラーメンなのでというイメージはピッタリですね!


ryu-sui1

ちなみにシールで隠れていますが、カロリーが記載されています。カロリーは204kcalです。


それと、シマダヤのHPで確認したんですけど販売エリアが関東甲信越静岡近畿全国じゃないという情報を見ました。


新たな知識が頭に蓄積されましたよ(・Д・)ノ


中の確認


中に入っているのは、麺と粉末スープです。


そう、この2つだけなんですね。シンプル!!


ryu-sui2

これなら時間が無くても準備できるし、面倒な手間をかけずに食べられます♪


さすが流水麺、簡単すぎるッ(゚д゚)


調理開始


調理といっても、パパッと出来ますからね。


ただし、レンジ調理不可なのでお湯を必ず用意しましょう!


そしてお湯を沸かす間に、粉末スープと麺の袋から出して容器に入れます。


ryu-sui3

これで容器の方は準備OK。


すぐに完成


左の画像はお湯を入れた直後の画像です。


しっかりとかき混ぜるようにクルクルと箸で何回も動かしました。


そして右が完成した画像ですよ。


固まっていた麺をほぐしたので、変化があるのが確認できると思います。


ryu-sui3-1

味は昔ながらの醤油ラーメンという感じです。


さらにあんかけなのでとろみがプラスされているので、さっぱりだけどしっかりした味を楽しめました♪


麺は意外と柔らかかったです。自分が思ったよりもプニッとしていましたね。


トウモロコシは、シャキッとした食感がなかったです。これは期限が近かったのが原因かもしれません(´・_・`)


でも温かい商品なので寒い日にはピッタリ!


まとめ


これ一品だけでは足りないので、おにぎりや何か欲しくなりますね。


それと男性の場合、すぐに食べ終わりそうです。だから量が少ないと感じるかもしれません。


でも、ラーメンとしては手間いらずで食べられるのでお昼や夜食に合うのではないでしょうか。


それにあんかけなのにさっぱりとしているので、食べやすい味でしたよ(^∇^)


ごちそうさまでした!

日々の出来事 グルメ |

ゲームキューブで面白かったソフトについて

ユキミルです。


実は、父から「外で遊びなさい」と言われたことがあったのがゲームキューブを遊んでいた時期でありました。


そういうわけで、夢中になって遊んでいて面白かったゲームソフトを紹介します!


ネタバレ注意です!


メトロイドプライム


私はサムスが主人公として出ている作品をプレイしたのはこの作品が初めてでした。


そもそもサムスを知ったのがニンテンドウ64で発売された『大乱闘スマッシュブラザーズ』からです。


その為、サムスがロボットって勘違いしていたし、中には綺麗なお姉さんが入っていたとか知りませんでした。


でもだからって事実を知ろうが、サムスのデザインが好きだし、「サムスのゲームとか出てないかな?」と思ったんですね。


好きだから、探したわけです。


それで『メトロイドプライム』を見つけました。


FPSと呼ばれる一人称のゲームで、初めは慣れなかったです。


そもそも一人称ゲームを本格的にやり始めたのがメトロイドプライムだったんですよ。


しかもホラーではないんですけどいきなり敵が出てくるんでビックリするし、不気味な場所があるんでドキドキしました。


それで1人で進まないと駄目なんで、1人ぼっち感がヤバかったです……


こんな世界観に1人で挑むサムスって凄いタフというか、「私はゲームでビビっているのになぁ(。Д゚; 三 ;゚Д゚)」と思いましたもん。


あと、武器の切り替えが楽しかったです。それぞれデザインに特徴があるんですけど、そういう細かい点が私には胸がキュン!ときましたね。


ロボット物のデザインとか見るのが好きなんで、ニヤニヤしていましたヽ(´∀`)ノ


エンディングまで到達するまで難しかったですけど、終わった後の解放感が嬉しかったです。


「クリアしてやったZE☆」


まさに、1つの映画の主人公になった気分でした!!


メトロイドプライム2ダークエコーズ


こちらはメトロイドプライムの次の作品です。


メトロイドプライムが面白かったんで、買ったんですよ。


こちらも一人称のゲームで、操作も画面もメトロイドプライムのおかげで慣れたんで問題なかったです。


でも、「難しくない?えっ、無理じゃない?あっゲームオーバー……」これの連続!!


そう、すごく難しかったんです。というのは、ダークエコーズって2つの世界を行ったり来たりするゲームなんですよ。


しかも、その内の1つの世界はHPを削られるんで回復出来る場所で戦って、休んだりしないといけません。


これが結構、つらい。そしてしんどい。


そしてとっておきが、とある中ボス戦なんですけど『何度やり直しただろう。゚(゚´Д`゚)゚。』と……


今やったらすぐにゲームオーバーになる自信があります。


ここまでだと難しい・つらいしか伝わらないと思うんですけど、ゲームとしては良い作品ですよ。


今にも絶滅しそうな終末的な世界観まさにダークな敵がいたりとかメトロイドプライムとは違う機械的な文明も残っていたりと、作品は面白いので!!


ただ、ラスボスを数年越しに倒すという……


いやぁ、ダークサムス強すぎなんだもん_(:□ 」∠)_カッコいいけどさ!


クリアするのに時間をかけたゲーム作品でした。


カービィ―のエアライド


カービィーのレースゲームです。


これのシティトライアルというゲームシステムが好きで、そればっかりやっていました。


本来のレースをしていないという……


ちなみにシティトライアルというのは、普通のレースとは違い変わったルールです。


街中で時間制限内に自分のステータス(速さ・強さなど)を上げて、タイムアップ後にランダムで決まるレースの勝負に沿って競うというルール。


このレースも色々あるんで、時間内にあらかじめヒントとして文字が表示されます。


だからそれに沿って、ステータスを上げるというのが勝負のカギとなります。


まあ、伝説のエアライド(凄い車みたいなもの)というのがあればほぼ1位は確実ですけどね。


それでエアライドって操作はシンプルなんですけど、その分ゲームシステムに凝っている感じです。


ウエライドというのもありまして、上からの目線でレースするというのもあります。


これを文字で表現すると分かりにくいんですが、淡々と遊んでいるようですごく盛り上がります!


まさに、やらないと伝わらないゲームかもしれないですね。


レースゲームだけど、ただのレースで終われない奥が深いゲームでしたよ(^∇^)ノ


どうぶつの森+


まさに、私の人生。


このころは、シーラカンスばかり釣ろうと雨の日は「ヤッフゥゥ!稼いでやる!!」と思いながら遊んでいました。


でも釣れるのは『スズキ』悲しいネ!


だからいらない家具化石・ハニワをお店で売っていましたね。コツコツと地味にですけど。


とびだせと比べるととびだせが稼ぎやすくなっているのかがよく分かります。


あと、マイデザを作って1人でコーディネートしていましたね。


マイデザで素敵なデザインを見ると自分のが恥ずかしくなります(´・_・`)


どんだけ絵が下手なんだ。私……


マリオサンシャイン


夏といったらコレ!バカンス気分も味わえます!!


ポンプを使って駆け巡るんですけど、ポンプなしのステージもあります。


ポンプに頼っていると「ああ、ポンプないと無理ぃ」と思う場面が……


まあ、こんな自分でもクリア出来たんで大丈夫です。


ただ、ゲームオーバーは何回もしました。そのほとんどが、ポンプなしのコースというのは私の操作ミスが原因です。


最後に思わずウルッと涙がでましたけど、良き相棒を持つというのはこういうことなのかもしれないと思いましたね。


マリオカードダブルダッシュ


レースゲームで2人乗りという、まさに2人プレイも楽しめるゲーム作品です。


1人だと2人乗りを切り替えるのが簡単なんですけど、2人だと息の合った操作をしないとグダグダになります。


でもこのグダグダ感で、1位なるとすごく爽快です。


ちなみに2人プレイのコツは『声を出して遊ぶこと』です。


相手の気持ちが分かるならアイコンタクトでも良いんですけど、たぶん画面を見ているから難しいと思いますね。


私の場合は『せーの!』が多かったです。


2人乗りの良さを教えてくれたゲーム作品でした!


大乱闘スマッシュブラザーズDX


おそらく私の中でのプレイ時間トップがスマブラDXですね。


さらにマルスとロイのイケメンキャラに会えた作品。


私はマルスが好きでした。しかし剣のキャラの操作が苦手という……○| ̄|_


上にも書いてありますけど、スマブラはニンテンドウ64の時から遊んでいました。


その頃からスマブラはもともと好きで、サムスはもちろんピカチューやカービィでプレイしていましたね。


それでDXになって、隠しキャラが増えてアドベンチャーというのが出てきてワクワクが止まらなかったです。


私はアドベンチャーでギガクッパを何回も倒していたのが印象に残っていますよ。それもシンプルよりもゲームシステムが合っていたのか凄いハマってしまって(。-_-。)


でも今は勝てないでしょうね。星になりそうな予感がします!


ちなみに、マルスが好きだったのにマーベラスコンビネーションはコツが掴めませんでした。


そして、3DSでマーベラスコンビネーションが出来るようになりました!!


何故!?(;゚Д゚)


スマブラは1人でも皆でも楽しめるゲームですよo(^▽^)o


あと、イケメン・美女・カッコイイ・カワイイキャラがいっぱい!!


まとめ


懐かしのゲームで、面白くて楽しいゲームばかりです。


もちろん、遊べば不満や愚痴が出るのはしょうがないと感じます。


でもそれは欲が出るということで、その作品に思う所があるから『もっと良くならないかな?』と考えてしまうのではないでしょうか。


だから、きっとその気持ちはどの作品でもありうることだと思います。


難しい話になってしまいますが、夢中になれるということは『何か意味があってもいいんじゃないかな?』という重くないけど軽すぎない気持ちです。


でも言葉の意味としては熱中とかなんですけどね……


だけど人に言われると重くなるけど、自分がそう思うから重くもないし軽くもない。だから夢中になれる。


つまり、その夢中になる自身が『先へと役に立つかは答えが出ないかもしれないけど、そう思える自分を大切にするべきではないか』と……


遊ぶのは誰でもない自分だからです。



長くなりましたが、これにて終わりです。


読んで下さりありがとうございました。


ユキミルの趣味 ゲーム |